子育て中は視野が狭くなりやすい

子孫育てメディアカフェ~賢く生きたい女性を目指す~

子どもを丁寧にみる、愛情を注ぐ、手間をかける意味では、視野を狭くして過ごすのも大切なひと時でが、子どもや家族に付ききりになったり、仕事もされていたら多忙になり視野が狭くなりがちです

視野が狭くなりすぎると心配事や不安要素が発生した時に、その問題を解決したいという気持ちからさらに視野が狭くなり、苦しくなったり、辛くなる時があります

 

 

 

 

 

狭く見る視点広く見る視点のバランスを意識してください

 

 

 

 

ゆったりとした気持ちでお茶を飲みながら

子育てやパートナー、ライフスタイルについて気がかりなことを話したり

ここでしか会わないゆる~い関係性の人たちとのおしゃべりが時間があります

 

一緒に新聞を家庭教育冊子を輪読することで、視野を広く目線を上げてみませんか?

子育てメディアカフェは、下妻市とつくば市で毎週開催しています

毎週来てくださっても、月1回でも、3カ月に1度でも、1度きりでも良いです

 

オンラインでも対面でもどちらも準備しています

絵本や新聞、メディアを使った親子のコミュニケーション方法をお伝えしています

 

 

時には、視線を上げたり、先を眺めてみたり、普段と違う方向を見ることが必要です

子育てメディアカフェにお出で下さい お待ちしています

ピックアップ記事

関連記事一覧