勉強が「苦手で難しいこと」と「楽しくて難しい」のは違うから、

Daily

中学受験して進学した息子。
毎日10キロもある教科書類をもって1時間以上かけて登校している。

6年間も続くのかな?と心配になるのが親心。

「勉強大変じゃない?」と聞いたら、

「苦手で難しいことと楽しくて難しいのは違うから、楽しくて難しいだから大丈夫」

いい成績をとるために勉強をしていて、勉強を楽しいと思ってやっていなかった私とは違っていた。

0歳から「食事のバランスをとるように」「絵本もバランスをとって読み聞かせ」していてよかった

食べ物に好き嫌いがない子に育つように、物事にも好き嫌いがない。

どんなことへも関心を示し、興味があることから深めていく姿勢が培われて、学びの素養が備わっている。

「人格」と「人間性」を社会の中で育める素地が作られている。

市外に出て新しい友だち、新しい出会いがあり、知らないこと知る機会が毎日あり、めきめきと「社会性」を育んでいる

親があれこれ指南する時期はほぼ終わってる。「もういいから」「自分で選べるから」って言われる。

青年期になってきた。人生という大きな海原で、座礁したり転覆したりしながら大いに人生を謳歌するがよい。

ピックアップ記事

関連記事一覧