• HOME
  • 子どもの未来を育む会

子どもの未来を育む会

子どもの未来を育む会設立趣意書


日本の社会は、本格的な人口オーナス(減少)期に突入し、私たちが住む県西地区も大半が日本の地域別将来推計人口によると減少傾向と推定されています。

また、子どもたちも少子化、人工知能(AI)開発、貧困、国際化など様々時代の変化の中にいます。 このような社会の変化に対応できる人財を地域の中で育むことで一人でも多く輩出し、地域について考え行動できる人財を育成するを目的としてこの会を設立しようとするものです。

過去・現在を輝かせるから未来が輝く。今を生きる子どもたちの「今」を大切にすることで未来ある子どもたちを育てていく活動をしています。

活動内容


ライフデザインセミナー(赤ちゃんふれあい体験)

市民団体 子どもの未来を育む会(下妻市)は、茨城県赤ちゃん学校ネットワークのメンバーに所属しています。

活動内容:
およそ1歳半未満の赤ちゃん連れの親子と一緒に小学校、中学校、高校へ出向き、
生徒一人一人に赤ちゃんを抱っこしてもらうふれあい体験授業を行っています。

活動範囲:茨城県県西地区

2019年活動実績
のべ600人の高校生一人一人に赤ちゃんの抱っこ体験をしてもらいました。
茨城県立下妻第二高等学校
茨城県立下館第二高等学校
茨城県立石下紫峰高等学校

赤ちゃんや現役のお母さんと子どもたちが交流をすることで、理屈ではなく、いい人に巡り合えたら結婚し、子どもを育ててもいいかな。と少しでも感じてもらえる、心で感じてもらうふれあい体験授業を開催しています
毎年、秋ごろ(9~12月)を中心に学校へ出向き活動を行っております。
一緒に活動してくれるスタッフ及び赤ちゃんと一緒に学校に行ってくれる親子を随時募集しています。
お気軽にお問合せください。

あなたとの出会いを心からお待ちしています。
心と心の触れ合いをしていきましょう。